顎関節症

顎に負担のかからない生活で顎関節症は予防できます

顎関節症は、打撲や外傷など突発的なことから発症することもありますが、多くの場合には顎に負担をかけない生活を心がけることで予防することができます。

生活の中で顎に負担をかけるケースとしては、うつ伏せで寝ること、頬杖をつくこと、唇を噛んだり、歯をくいしばる癖があること、歯ぎしりなども顎に負担をかける行動といわれています。こうした顎に負担をかける行動を続けていると顎関節に負担を蓄積し、将来的に顎関節症になってしまう可能性があるのです。どのような行動が顎に負担をかけるのかということをしっかりと自覚してください。歯をくいしばるなどの行動はストレスの影響から起こるとも言われており、無意識に行ってしまっていることも少なくありませんが、顎に負担がかかる行動をしっかりと自覚して気づいたときに修正するようにするだけでも十分顎関節症の予防になります。

上に上げた以外にも、物を噛むときに片側だけで咀嚼をする片咀嚼や、電話を顎と肩の間ではさんだり、猫背などの姿勢の悪さも顎に負担をかける原因になります。

問題となる行動は極力修正し、姿勢などは意識的に改善していくようにしましょう。また、歯のくしいばりや歯ぎしりなどは、ストレスを軽減することで改善される場合もありますが、無意識の行動であるため特に寝ている間の歯ぎしりは改善が難しい場合もあります。寝ている間に、歯や顎を保護するマウスピースを装着するなどの方法で歯や顎に負担がかからないようにすることはできますので、必要に応じて試してみるといいでしょう。

また、噛み合せの問題も、顎に負担をかける大きな要因です。噛み合せは、できれば子供のころから顎に負担をかけるような噛み合せにならないようにケアをしてあげることが大切です。簡単な調整だけで噛み合せが改善する場合もあれば歯列矯正が必要な場合もありますが、できるだけ子供のうちから噛み合せの問題を解決しておくと、顎関節症のリスクを軽減することができます。

顎関節症では顎に負担をかけないために、あまり硬いものを食べないことも大切なのですが、ただ、子供のうちから固いものを食べさせないというのは顎が発達せず、将来的に顎関節症発症する下地を作ってしまうかのうせいがありますので、子供のうちにはしっかりと顎を鍛えさせておくことも大切です。

日常生活の中で心がけて生活をすることで顎関節症は予防できます。また日ごろから適度な運動をしたり、ストレッチをして体をほぐしておくことなども予防のためには効果的ですので、ストレスを発散して健康な体でいるためにも適度な運動やストレッチの取り入れてみてください。

耳鳴りの原因も顎関節症?耳鳴りの原因に迫る

耳鳴りがする場合に考えられる症状というのは、中耳炎や聴覚神経の障害など耳に直接関わる症状の他にも高血圧症や糖尿病、動脈硬化、更年期障害、メニエル症候群などの病気による影響が考えられます。また、偏頭痛によって耳鳴りが生じるようなケースもあります。様々な原因で起こる耳鳴りですが、顎関節症の影響によっても耳鳴りが起こる可能性があるのです。

耳鳴りには、実際にある音が聞こえている他覚的耳鳴りと 、実際には音がないのに音が聞こえてしまう自覚的耳鳴りがあります。 他覚的耳鳴りは健康な人でも起こることがあり、静かな場所にいると自分の体内の血管を血液が流れる音や筋肉や関節の動きの音などが聞こえてくるために、それを耳鳴りとして感じている状態です。顎関節症では顎の関節から音がでることがありますので、当然この音は耳にも聞こえていることと思いますが、顎関節症の耳鳴りの正体は、実はこの他覚的耳鳴りではなく、自覚的耳鳴りが起こっています。

人が音を感じるには、音が耳から入り外耳、鼓膜を通って中耳、内耳と伝わり脳に届いて音を感じます。この音の通り道のどこかに何かしらの問題が起こると、本来はない音が聞こえてしまうという耳鳴りが起こります。額間接とは、この音の通り道に非常に近い部分にあり、耳の中の内耳と中耳がある場所、側頭骨と顎の骨の間にあるのが顎関節なのです。そのため、顎関節で問題が起こっている場合には耳にも影響を与えて耳鳴りを起こすことがあるというわけです。

耳鳴りは、極端な話では耳垢が貯まっているだけでも起こる可能性があります。耳はそれだけデリケートな部分であるため、耳にごく近い場所にある顎関節で問題が発生した場合に耳鳴りの症状があわられるケースが多いのです。

顎関節症による耳鳴りであれば、顎関節症の治療を行うことで改善することができます。耳鳴りの症状がある場合にはまずは耳鼻科を受診することが多いかと思いますが、耳鼻科的検査や治療で耳鳴りの症状が改善しない場合には、可能性の一つとして顎関節症を疑ってみてもいいでしょう。

顎関節症を治せる薬はありません。薬は治療のサポートです

顎関節症の治療には、症状を緩和したり痛みを軽減するために薬が用いられることが多いのですが、これはあくまで症状を緩和したり痛みを軽減することを目的にしているもので、顎関節症そのものを治療するためのものではありません。

顎関節症の治療において薬とは、あくまで治療のサポートをするものであって、本当の意味で顎関節症を治療して完治させるためには、顎に負担をかけている原因を特定してその原因を取り除くことが必要になります。薬を服用していれば顎関節症が治るということはありませんので、注意をしてください。

顎関節症の治療にあたっている病院の中には、薬だけを処方して症状を緩和する治療は行っても、完治させるための治療を行わない病院もあります。そのため、今通っている病院が薬を処方するだけの病院であるならば、主治医を見直す必要があるかもしれません。認知行動療法といって、患者さん本人に症状を発症した原因が何であるのかをしっかり認識させ、改善するための指導を行うことも顎関節症の治療においては重要なことなのです。顎関節症の原因は患者さんが無意識に行っていることであるケースも多いことから医師かヒアリングを行い適切に指導を行うことが必要です。

顎関節症に処方される薬としては、痛みを和らげる目的で抗炎症薬処方されうのが一般的です。また、痛みが強い場合に服用するために痛み止めが処方されることも多いでしょう。これらの薬の服用を続ければ炎症は治まり、症状は治ったように見えるかもしれませんが、顎関節症になってしまった原因をそのままにしていればいずれ再発してしまうという人も少なくありません。そのたびに薬によって症状を緩和することを繰り返しても、結局は顎関節症そのものの治療はできていないことになります。

顎関節症の治療をしようと思うならば、顎関節症になぜなったのかという原因と向き合い医師の指導のもとでそれを改善する努力をすることが必要なのです。その治療を続ける中、薬はあくまで治療のサポートをするためのものということになります。

顎関節症では、抗炎症薬や痛み止めの他にも顎の筋肉の緊張が強い場合には筋弛緩薬が処方されたり、寝ている間の歯ぎしりなどからくる顎関節へ負担が大きい場合には、入眠剤が処方されることもあります。ストレスからくる顎関節症であったり、顎関節症のストレスが強かったりする場合には、それらを緩和するために抗うつ剤を処方されるケースもあります。

薬は治療をサポートしてくれるものですので上手に利用して症状を緩和しながら治療を続けていただきたいのですが、薬を飲んでいることだけで安心せずに、しっかりと顎関節症の症状をむきあって原因を改善していくような治療に取り組んでいただきたいと思います。

顎関節症の予防や症状軽減にストレッチが効果的

顎関節症の予防をしたり、症状を軽減するためにはストレッチをすることが効果的なことをご存知でしょうか?顎の症状の予防や症状軽減になぜストレッチなのかと思う方もいるかもしれませんが、顎関節症は筋肉の硬直やストレスとの関係が深い症状ですので、ストレッチによって体をほぐし、ストレスを解消するようにすることは、予防効果、症状軽減効果ともに期待できるものなのです。

ストレッチは、全身のストレッチと肩首などの上半身を中心にしたストレッチを行うようにするといいでしょう。肩の凝りや首の凝りも顎関節症の原因となりえるものですので、肩や首をほぐすことは特に大切です。あまり強度が高いものというよりは、気持ちよく体を動かせて、体をほぐしてリラックスできるようなものを選んでストレッチをおこなうといいでしょう。注意点としては、強度の高いストレッチを行いすぎて、ストレッチの際に歯をくいしばってしまうようなことがないようにしてください。

ストレッチによって全身の血行がよくなることで、顎周りの筋肉をほぐす効果もありますし、適度な運動でストレスが解消されることにより自律神経の働きが正常化し、体の緊張がほぐれる効果も期待できます。

インドのヨガや、タイのルーシーダットン、中国の太極拳のようにゆっくりとした動きで全身を無理なくしっかりとほぐしていけるような運動を行うのも効果的でしょう。

痛みの症状が強いような時に無理をしてストレッチを行う必要はありませんので、顎関節症になりやすい方が予防的に行ったり、調子のいいときに少し体を動かすなど、顎関節症の予防と症状軽減に上手にストレッチを取り入れてみてください。

顎関節症と肩凝りは影響関係にありますのでどちらも改善しましょう

顎関節症によって肩凝りが生じることがあることはご存知の方も多いと思うのですが、反対に肩凝りが原因になって顎関節症を生じることもあります。肩凝りと顎関節症というのは、お互いに影響関係にあり、どちらもお互いの症状の原因になりえるものです。顎関節症と肩凝りの症状が現れているならば、どちらも改善していくことを目指していきましょう。

まず、顎関節症から肩凝りが起こる原因についてですが、顎関節症では顎のどちらかに強く負荷がかかり顎関節や顎周りの筋肉に左右差ができていることがあります。こうした顎にゆがみがある状態で咀嚼をしたり、顎を使用している状態が続くと、顎の筋肉からつながっている首や肩の筋肉にも左右差が生じたり、その結果として血行が悪くなったりして肩凝りが起こるのです。

逆に、肩凝りから顎関節症が起こる場合にも、原因はほとんど同じです。片方の方に負担が集中して肩の凝りに左右差があるような場合には、凝りや硬直の強い側の肩の筋肉が緊張し、左右のバランスが崩れることがあります。肩や首が凝りによって歪んだ状態で生活をしていると、体のゆがみに顎の筋肉も引っ張られて、顎の周辺にもゆがみが出ることになり、そこから顎関節症になってしまうというものです。

顎関節症も肩凝りもお互いがお互いの原因になっていることが考えられますし、また原因はそれだけではなくほかにも生活習慣の中に顎関節症や肩凝りを発症する原因があると考えられます。それぞれの原因を改善し、適度な運動を行ったり、マッサージを受けたりということを続けながら、顎関節症と肩凝りを両方改善していきましょう。

顎関節症の痛みと上手に付き合う方法とは

顎関節症の症状には顎の痛みが伴う方が多くいらっしゃいます。この顎の痛みによって顎関節症に気がついたという方も少なくないことと思います。通常、顎関節症の痛みは顎を動かした時の痛みだといわれていますが、顎関節症を経験した人に聞くと、多くの方が顎を動かしていないときでも痛みを感じていたといいます。

顎関節症の痛みは、本来は確かに顎を動かした時に顎が痛むというケースが多いのですが、顔の痛みというのに人は敏感なものですので、痛みが気になってつい顎を動かしてしまったり、痛みに対する不安やストレスから常に痛みを感じてしまうという人も少なくないのです。

顎関節症は完治するまでにある程度時間がかかる場合もあるのですが、その間、ずっと顎の痛みに苦しめられるというのは辛いですね。実際に顎の痛みに苦しんでいる患者さんは、若い女性を中心に多く、なかには日常生活に支障が出てしまっている人も少なくありません。

では、顎関節症の痛みと上手に付き合っていくにはどうしたらいいのでしょうか。

まずは、痛み止めを上手に利用する方法があります。顎関節症の治療では、痛みの軽減というのも大切な治療の一つですので、痛み止めが処方されることが多いでしょう。ですので、痛みがある時には我慢をせずに、痛み止めを上手に利用することが大切です。痛み止めを服用して、顎が痛くないという時間があることで、痛みにたいする不安やストレスが軽減され、つい顎を動かしてみたり、痛みにばかり気がいってしまって実際以上に痛いように感じてしまうという状態から回復することができます。

また、スプリントをという顎関節症用のマウスピースを装着することでも顎への負担が軽減されて痛みが軽減する場合があります。また、スプリントを装着しているという安心感から、やはり痛みへの不安やストレスが軽減され、痛みを感じにくくなるという効果も期待できるのです。

まさかと思うかもしれませんが、顎関節症の痛みは、気にしないようにすることで痛みが軽減されるということがあるのです。顎に負担をかけないように注意をすることは大切ですが、顎が痛いことにばかり気をとられてしまうと、不安やストレスによって痛みを感じたり、実際より痛みに過敏になってしまうということがあります。そういった状態にならないためにも、痛み止めやスプリントなどを使って、上手に痛みと付き合うことが大切です。

顎関節症による顎の痛みはずっと続くというものではありません。適切な治療をすることで顎関節症は改善することができ、痛みも緩和されていきます。痛みに対して過剰に不安に思ったり、ストレスを抱え込むことのないように、上手に痛みと付き合いながら治療をすすめていくといいでしょう。

顎関節症によって耳が痛くなる可能性はありますか?

耳が痛い、耳鳴り、耳の中の閉塞感、このような症状があった場合には多くの方が耳鼻科を受診されることと思います。しかし、耳鼻科的検査をしても異常が見つからない場合には、顎関節症の可能性を指摘されることがあるかと思います。

耳に症状が出ているのに、顎の症状を指摘されることに違和感を覚える方もいると思うのですが、耳の症状は顎関節症で現れる症状の一つとして確かにあるのです。

顎関節症の症状としては、顎の痛みなど顎に関する直接的なもの以外に頭痛や肩凝りを引き起こすことがよく知られています。その他に、耳の痛みや耳鳴り、耳の閉塞感なども顎関節症によって起こる症状の一つです。耳に症状が現れる原因としては、顎関節に炎症があったり顎関節にゆがみがある状態で生活をしていると、その歪みが側頭骨にも伝達し側頭骨まで歪んでしまうことで耳に影響を及ぼすということが言われています。

耳の症状は顎間接の症状の影響によるものですから、顎関節症の治療を行って顎関節症の症状が軽減されれば耳の症状も緩和されていくことと思います。

ただ、耳鼻科的検査で異常が見つからなかった場合に、耳鼻科で顎関節症の可能性を指摘してもらえる場合もあれば、そうでない場合もありますので、耳の痛みや、耳鳴り、耳の中の閉塞感などの症状があるにも関わらず耳鼻科的検査で異常が見つからない場合、または耳鼻科で治療をおこなっても症状がなかなか改善されない場合には、顎関節症の所見が現れていないかどうかを注意してみましょう。

耳に痛みや耳鳴り、閉塞感などの違和感が現れる原因は、耳鼻科的な要因ではないとする顎関節症の他にも自律神経失調症やうつ病の可能性もありますが、顎関節症の検査をすることで、症状の切り分けをすることができますので、歯科や口腔外科などを受診してみるといいでしょう。

耳鼻科を受診しても原因の分からない耳の痛みや耳鳴り、耳の中の閉塞感などの不愉快な症状は、もしかすると、顎関節症によるものかもしれません。耳の症状から顎関節症に気がつくという人はあまり多くないのですが、顎関節症で耳に症状があわられることがあることを頭において置いて、不快な耳の症状が続く場合にはぜひ顎関節症を疑ってみるようにしてください。

顎関節症の症状を改善するためには、まず原因の特定から

顎関節症の治療は、薬物療法などによる痛みの軽減や症状の緩和の治療が行われますが、治療として重要なのは何よりも顎関節症をなぜ発症したのかを突き止めて、その原因を解消することにあります。

顎関節症は、硬いものをかじったり、大きく口をあけ過ぎたなど分かりやすくしかも一過性の原因で発症することもありますが、多くのケースではそうした分かりやすい原因よりも日常生活の中での様々な生活習慣が重なって顎関節症を発症していることが多いのです。

医師の指導のもとでそうした生活習慣の改善や、原因となっている行動を一時的に控えることなど、顎に負担をかけない生活を心がけることが必要です。原因を特定して改善することなしに、症状の治療だけをおこなっても、顎関節症の症状は一進一退して完治しなかったり、一度完治したように見えてみまた再発してしまうことも珍しくありません。

顎関節症の症状を本当の意味で改善するためには、原因を解消するのが一番の方法なのです。

しかし、中には職業特有の行動によって顎に負担がかかっている場合もあり、原因が特定できても、その行動をやめることが困難な場合があります。例えば、アナウーサーや電話のオペレーターのように話すことを職業にしている人が顎関節症を発症するケースは少なくありません。また、大きく口をあけて発声するコーラスなどをしている人や、管楽器の奏者が顎関節症になることもあります。また、スポーツなどで歯をくいしばる動作が多い人が顎関節症を発症することもあります。

こうしたケースの場合には、職業や趣味に関わるものですので、完全にそれをやめてしまうということはできないという人が多いでしょう。その場合には、例えは症状が強くでている時にだけは一時的に休むことや、もしくはできるだけ顎に負担をかけないことを意識して続けることで顎関節症の症状が改善される場合もあります。運動療法のように、顎をスムーズに動かす訓練をして、顎に負担をかけないようにトレーニングをする方法もあります。

いずれにしても、顎関節症を発症する原因は様々あり、どんな原因で発症しているのかによって対処法は異なってきますので、顎関節症の治療をしようと思うならば、どんな原因によって顎関節症になってしまったのかということを特定することは必要不可欠なのです。

怪我や事故がもとになっていたり、外科的処置をしなければならないものもありますが、原因を特定し、それを解消する努力をすることで多くの顎関節症は改善します。

逆にいえば、今顎関節症の治療を行っている病院が症状に対する治療しか行わず、原因の特定や生活習慣へのアドバイスなどを行ってくれないところであるならば、本当の意味で顎関節症を改善していくことは難しいかもしれません。必要に応じて別の専門医を尋ねてみる必要があるでしょう。

噛み合わせの微調整だけでも顎関節症が改善することがある

顎関節症の症状は、噛み合わせを微調整するだけでも改善する場合があります。自分はかみ合わせは悪くないと考えている人でも歯科医がチェックすると、噛み合わせに問題が生じている場合もありますので、顎関節症の症状がある場合には噛み合わせのチェックを行うことも大切です。

もともと噛み合わせが悪く、そのためにいつも片側でばかりものを噛むことが習慣になってしまっている人がいますが、片咀嚼は顎関節症の原因の一つでもあります。そのため、両側で噛めるように噛み合わせを調節することで顎関節症が改善する場合があります。また噛みあわせが悪いのと同様に、虫歯や知覚過敏などの痛みがあり、痛みのために片咀嚼になっているという人も、それらの症状を先に治療して片咀嚼をやめることで顎関節症の症状が改善される可能性は高いです。

また、噛み合せに問題がないと思っている人でも、虫歯の治療の時に生めた銀歯のクラウンなどが、噛み合せのバランスを崩している場合もあります。いつもその状態で生活をしている人にとっては慣れてしまったいるため違和感もなく、特に噛み合せが悪いとは感じていなくても、部分的に高さが高くなってしまっている部分があるなど、歯や顎の一部分にだけ咀嚼のたびに強い負荷がかかってしまっているケースもあります。このようなケースでは、噛み合せを調節して部分的に強くかかっていた負荷を軽減することで顎にかかる負担も軽減されて顎関節症の症状が改善することもあるのです。

噛み合せの調節というと、歯列矯正を思い浮かべる方も多いと思います。もちろん、歯列矯正をしなくては調節できない噛み合せというのもあるのですが、中には高くなっている部分を軽く削るだけだったり、ちょっとした微調整で改善できる噛み合せもあります。

口の中の状態は常に変化しており、何年も前に治療をした歯に装着している人口歯がすでに合わなくなっているということも珍しくありません。そうしたものの微調整でも顎関節症の症状を軽減できる可能性は多いにありますので、顎関節症を疑う症状がある場合には噛み合せのチェックを必ず行ってみるといいでしょう。

親知らずを抜くと顎関節症になるというのは本当ですか?

親知らずを抜歯したために顎関節症になってしまったという話を耳にしたことがある方もいることと思います。そのため、親知らずを抜いたら顎関節症になってしまうのだろうかと不安に感じる人もいると思いますので、ここでは顎関節症と親知らずの抜歯の関係について簡単に説明したいと思います。

まず、結論からいうと親知らずを抜歯したことで顎関節症になる可能性はゼロではありません。しかし、ゼロではないという程度で、親知らずを抜歯したことが直接的に顎関節症の原因になることというのは心配するほどに高い確率ではないと思っていただいていいと思います。親知らずの抜歯が原因になり、顎関節周辺に炎症を起こし顎の筋肉が硬直してしまう、つまり顎関節症の状態になってしまう可能性はあると思うのですが、親知らずを抜いた後に無理に大きく口をあけるようなことをしたり口内を清潔に保つことを怠ったりということがなければ、ほとんどの場合には問題はないといっていいでしょう。

親知らずを抜歯した後には安静にし、歯科医の指示にしたがって薬を飲んだり口内を清潔に保つように注意をすることが大切です。抜歯後に炎症が起こり一週間程度は腫れや痛みが続く場合もありますが、症状は親知らずを抜歯したことによる一時的なもので、それは顎関節症とは別の問題です。自然と腫れはひいて、痛みもなくなってくるのが普通ですので、心配はないでしょう。

ただし、抜歯直後であるにも関わらず炎症のある親知らずの周辺に負担をかけるようなことがあれば、それがきっかけで炎症が悪化し、そこから顎関節症を発症する可能性はあります。親知らずの抜歯後はともかく安静に、また歯科医の指示にしたがってケアをすることが大切です。

親知らず周辺の痛みというのは、顎関節症と間違いやすい症状として知られています。そのため、顎関節症を疑って歯科医を受診してみると、親知らずの炎症であると診断され抜歯されることもありまうす。炎症を起こしている状態の親知らずを抜歯した場合には、痛みが残りやすいケースもあり、そうしたケースでは、抜歯後にも顎周辺への痛みが残る場合があることから、症状がより顎関節症と間違えられやすい側面もありますが、基本的には顎関節症と親知らずの炎症による痛みは別物ですので、過剰に心配せずに親知らずの抜歯による炎症を抑える治療をしていれば、顎の痛みもほとんどの場合には改善されることと思います。